技術資料

HTTP METHOD(HTTPメソッド)

ウェブクライアント(FirefoxやInternetExplorerなどのウェブブラウザ)が、ウェブサーバに対しどのような通信手段でアクセスするかを示したものです。以下のものがあります。

GET

URIで指定した情報を要求します。
HTTPバージョン 1.0 , 1.1で利用可能です。

POST

ウェブクライアントからデータを「名前」と「値」のセットで渡します。フォームデータなど大量のデータを送るときなどに使用されます。
HTTPバージョン 1.0 , 1.1で利用可能です。

HEAD

GETと同じですが、サーバはHTTPヘッダのみを返します。
HTTPバージョン 1.0 , 1.1で利用可能です。

OPTIONS

ウェブサーバが利用可能な通信手段(HTTPメソッド)を要求します。
HTTPバージョン 1.1で利用可能です。

PUT

URIで指定したサーバ上のファイルを置き換えます。セキュリティの観点から、それほど広く使用されていません。
HTTPバージョン 1.0 , 1.1で利用可能です。

PATCH

PUTと同じですが、差分のみ置き換えます。但しセキュリティ上の問題から一般的には実装されていません。
HTTPバージョン 1.1で利用可能です。

DELETE

URIで指定したサーバ上のファイルを削除します。セキュリティの観点から、それほど広く使用されていません。
HTTPバージョン 1.0 , 1.1で利用可能です。

TRACE

サーバが受け取った要求行とヘッダ行をそのまま送り返します。主にテスト用で通常は使用しません。
HTTPバージョン 1.1で利用可能です。

さらに調べたいときはこちら


ウェブチェッカーについて

ウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。
サーバの生存確認(死活監視)を行い、サーバダウン時にメールでお知らせするサービスです。
ご利用は無料です。

ウェブページをどのように取得できるか試してみる場合はこちら