技術資料

UDP

TCP/IPネットワーク(インターネットなど)で使われるプロトコルの一つで、「IPネットワークとサーバ上のサービス間での橋渡しを行う」役割を担っています。
そのためのポート番号という概念があり、このあたりについては「TCP」と非常に似ています。
TCP」との大きな違いは、「コネクションレスでデータ誤り検出がない」ということです。言い換えると、データを投げたら投げっぱなしで、正しくデータが送られたかどうかは関知しない、という事です。
誤りを関知しない分、データの伝送効率はよくなるため、データ伝送量が少ないDNSサービスや、多少のデータ抜けが起きても問題のない動画配信などに利用されています。

さらに調べたいときはこちら


ウェブチェッカーについて

ウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。
サーバの生存確認(死活監視)を行い、サーバダウン時にメールでお知らせするサービスです。
ご利用は無料です。

ウェブページをどのように取得できるか試してみる場合はこちら