技術資料

URL

Uniform Resource Locator(ユニフォームリソースロケータ)の略です。
インターネット上のリソース(資源)を特定するための形式的な記号の並びです。ウェブブラウザにある「アドレス」で指定できます。
URLの形式は次のとおりです。
スキーム://ホスト名[:ポート番号]/[パス]

スキームは、「どのような手順を使えばよいか使えばよいか」を意味し、例えば HTTP プロトコルを使うのであれば「http」を、電子メールの宛先を表すのであれば「mailto」を、というような使われ方をします。

ホスト名は、相手サーバのホスト名を意味します。もちろんIPアドレスも指定できます。

ポート番号は、相手サーバに接続する際のTCPポート番号です。指定が無い場合は、標準のTCPポート番号(スキームがhttpであれば80 , httpsであれば443)を使用します。

パスは、相手サーバ上のどこに目的のもの(リソース)があるかを特定するためのものです。必ずしもホスト内部のディレクトリやファイル名を指すものではありません。

さらに調べたいときはこちら


ウェブチェッカーについて

ウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。
サーバの生存確認(死活監視)を行い、サーバダウン時にメールでお知らせするサービスです。
ご利用は無料です。

ウェブページをどのように取得できるか試してみる場合はこちら