技術資料

HTTP Status Code(レスポンスコード)

代表的なものだけ載せておきます。より詳しい情報が知りたい場合は、次のサイトをご覧下さい。
http://www.studyinghttp.net/status_code
※このページの情報も、上記サイトを参考にしております。

2xx レスポンス: 成功

2xx レスポンスは、クライアントのリクエストが成功した事を示しています。

  • 200 OK
    リクエストの成功を意味します。

3xx レスポンス: 転送

リクエストを完了するために、クライアントは更なる動作を行うことが必要である事を示しています。多くの場合 Locationを使って URLの変更を促しています。

  • 301 Moved Permanently
    サーバ移転など、恒久的なURL変更を示します
  • 302 Found
    一時的な移動を意味します

4xx レスポンス: クライアントエラー

クライアント側に原因のあるエラーがある事を示しています。

  • 400 Bad Request
    リクエストの構文が間違っています。
  • 401 Unauthorized
    BASIC認証などのユーザ認証が必要、または認証が失敗したことを意味します。
  • 403 Forbidden
    アクセス拒否など、サーバ側が拒否したことを意味します。
  • 404 Not Found
    ファイルなどのリソースを見つけられなかった場合に発生します。
  • 405 Method Not Allowed
    例えばGETしか許可されていないのにPOSTでリクエストした場合などに発生します。

5xx レスポンス: サーバエラー

サーバ側に原因のあるエラーがある事を示しています。

  • 500 Internal Server Error
    サーバ内部でエラーが発生した場合に返されます。CGIなど実行時エラーなどが挙げられます。
  • 503 Service Unavailable
    サーバ側の都合によりリクエストを処理できないことを示しています。

さらに調べたいときはこちら


ウェブチェッカーについて

ウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。
サーバの生存確認(死活監視)を行い、サーバダウン時にメールでお知らせするサービスです。
ご利用は無料です。

ウェブページをどのように取得できるか試してみる場合はこちら