機能説明 > ウェブサイト更新チェック機能

指定したURLのコンテンツに変更があった場合に、メールでお知らせする機能です。

URL指定による監視対象先指定

更新チェックしたいサイトのURLを指定できます。
利用可能なスキームは、http , httpsの2種類です。
RSSフィード(例:feed://ホスト名/) などは、 http://ホスト名/ に書き換えて指定して下さい。

国際化名ドメインは、一度Punycodeに変換すれば指定可能です。
例:日本語ドメイン.com → xn--eckwd4c7c5976acvb2w6i.com
リンク先の「変化ツール」でPunycodeに変換できます。

リダイレクト先を追従します

リダイレクト指定があった場合、最大8回までリダイレクトして目的のサイトにアクセスします。
但し、相手側にてリダイレクト指定がされている場合に限ります。リダイレクト先URLに登録しなおす、という事ではありませんのでご注意ください。
最大8回までリダイレクトしますが、それ以上は行われず、エラーを返しますのでご注意ください。

範囲指定によるHTMLの部分チェック機能

コンテンツ(HTML)の全体をチェックするだけでなく、チェックする範囲を指定することが出来ます。
「開始文字列」「終了文字列」を指定するだけです。文字列にはHTMLタグや日本語などを任意に指定することが出来ます。
範囲指定を行う場合は、文字エンコーディングを正しく指定する必要があります。
指定した文字列が複数存在する場合は、最初にヒットした箇所が対象となります。

バイナリファイルのチェック

最大1MBの範囲内でバイナリファイルのチェックが行えます。1MBを超えた分は無視されます。

HTTP Status Code(レスポンスコード)によるチェック

HTTP Status Code(レスポンスコード)によるチェックも行えます。
サーバダウン時や、CGIエラーなどでレスポンスコードが変わった場合も対象となります。
ウェブサービス監視を行う場合に利用できます。

BASIC認証時のID,パスワード指定

BASIC認証がかけられているページの場合でも、ID,パスワードを事前に登録しておけばチェック可能です。

USER AGENT指定

USER AGENTを指定してウェブサイトにアクセスすることができます。

チェック間隔

チェック処理は毎時0分、30分に行います。
もし指定時間帯内に処理が終わらなかった場合、次のチェック処理は動きません。直前のチェック処理が終わって次の起動時刻になって動きます。
例:10:00起動のチェック処理が10:40に終わった場合、10:30起動予定の処理は動きません。11:00に起動します。

チェック時間帯指定

チェックする時間帯を指定することが出来ます。
チェック間隔をうまく組み合わせることで、毎日決まった時刻だけチェックする、といった事も出来るようになります。

チェックする時間帯は10分単位で指定できますが、実際にチェックされるのは次の30分,翌0分となりますのでご注意ください。
※元々10分間隔でチェック処理を動かしておりましたが、処理数が増えた事により30分間隔に変更したためです。ご了承下さい。

(注意)10時00分~10時00分というようなピンポイントの指定はオススメ致しません。必ず10時00分台にチェックが動く保証がないためです。
10時00分~10時30分のように幅を設け、チェック間隔を1時間とするような設定にすれば、10時00分台にチェックできなかった場合に、次の10時30分台に再チェックしますので、確実性は増します。

メール通知機能

チェック対象URLのコンテンツに変更があった場合、指定したメールアドレスにメールを送信します。
送信するメールアドレスを変更することも可能です(但し一度に送信する先は1つだけとなります)。
送信時のメールタイトルを指定することも可能です。

オプション機能を使えば、変更されたコンテンツのうちHTMLタグを除いたテキスト部分だけをメール本文に記載する、といったこともできるようになります。
これにより、例えば為替レートを定期的にメールで確認する、といった使い方もできるようになります。

前回チェック時の状態確認

直前にチェックした内容(チェック時刻、最終更新日時、レスポンスコード)をマイページより確認することが出来ます。

チェック対象先の登録数

URL単位で、1アカウントあたり30個まで登録できます

制限事項

・接続に10秒以上かかる場合は接続失敗とみなします。
・接続開始から20秒以内に応答が終わらない場合は強制切断します。
・HTMLやバイナリに関わらず、最大1MBの範囲内でチェックが行えます。1MBを超えた分は無視されます。

その他

・よくある質問をまとめましたのでこちらもご覧ください。


ウェブチェッカーについて

ウェブサイトを定期的にチェックして、変更があった場合にメールでお知らせするサービスです。
サーバの生存確認(死活監視)を行い、サーバダウン時にメールでお知らせするサービスです。
ご利用は無料です。

ウェブページをどのように取得できるか試してみる場合はこちら